血液クレンジングによる身体への影響

高濃度ビタミンC点滴の併用

治療で改善美容皮膚科などの医療機関で行われている血液クレンジングは、
半世紀以上前にドイツで考案された治療法でオゾンを活用するのがポイントです。

これにより、加齢などが原因で低下してしまう体内機能が回復するので
アンチエイジング効果を期待できます。

加齢が原因

また免疫力も強化されるので、風邪をひきにくくなるなどの体質改善を見込めるのも魅力です。

ちなみに、この血液クレンジングの具体的なやり方は、100㏄の血液を採取して
専用瓶に移し、医療用のオゾンで綺麗に浄化した後に再び注入するという内容です。

新鮮な血液が体内に行き渡ることでリンパ液も浄化し、細胞分裂も活性化するので
皮膚や髪の毛も若返ることになります。

このために、美容と健康の両方のメリットを享受することが出来ます。

一方、血液クレンジングはビタミンCが大量にある部分の血液に対して行った場合は、
その活性が著しく低下するというリスクが生じます。

これは、ビタミンCは非常に壊れやすいという性質があるためで、これを防ぐためには
血液クレンジングの後に高濃度ビタミンC点滴を実施する、つまり併用するという方法が効果的です。

ビタミン点滴

これにより、ビタミンCの活性が低下したことによる悪影響が及ぶことはないので、
血液クレンジングのメリットだけを享受することが可能となります。

また、ビタミンCは水溶性という事から過剰摂取の危険はないので、高濃度ビタミンC点滴にも副作用の心配はありません。

なお、血液クレンジングと美容目的での高濃度ビタミンC点滴は、いずれも健康保険が適用されない
自由診療に分類されているので、医療機関によって値段には違いがあります。

平均的な相場は2つ合わせて数万円程度で、最初の2カ月は月に2回、
それ以降は月に1回のペースで施術を受けるのが一般的です。

ちなみに、最初のうちは1度の施術により得られる効果は1~2週間程度しか持続しませんが、
徐々に長く持続するようになり、それに伴い効果も倍増するようになります。