血液クレンジングによる身体への影響

PPP療法と組み合わせる

治療で改善体の中を流れている血液が汚れてしまっていると体も元気になりません。
体が元気でなければ疲労感なども出て、肌の調子も今一つです。

そんな人におすすめなのが血液クレンジングです。
血液クレンジングというのは医療療法の一つで、適切な量のオゾンを
血液と反応させることによって、血液をサラサラにして免疫力を
しっかりと高めるという最新療法です。

私たちの体を流れている血液は各細胞に必要な栄養素や酸素を運搬しています。

血液とオゾンンを組み合わせることで、老化物質といわれる活性酸素を
減少させて、老化を防ぐといったメリットなどがあります。

血液を浄化することでよりきれいな血液にすることができるのです。
血液がサラサラになると血流もよくなります。

そのことから女性にとって気になる冷えやむくみの症状を改善したり、
免疫力がアップして体をより元気なるという効果が得られるといわれています。

体の調子がよくなると肌の調子もよくなります。
肌の調子もよくなって、生き生きとした肌になれるというアンチエイジング治療の成果が得られるのです。

このような血液クレンジングをPPP療法を更に組み合わせることで、美容効果をアップさせることができます。

PPP療法は自分の血液から血漿を取り出し、それを熱で凝固させてジェル状にしたものを
再び自身に注入するという方法で、プラズマジェルと呼ばれています。

肌の調子

この療法は再生医療の分野の療法で、ヒアルロン酸やコラーゲンのような
即効性のあるしわやほうれい線などの改善を図ることができる方法として注目されています。

この方法では自身の血液のみが用いられるため異物なども一切使わずに
きれいになることができるというメリットがあります。

このように血液クレンジングとPPP再生療法をダブルで用いるとより効率的に
美容効果をアップさせることができます。

体の中と外からきれいになれるという点で、これらの医療法を併用して
アプローチをするという方法は美容皮膚科において注目されています。

PPP療法